0 品物総額: 0$
Lasix
Lasix
有効成分: Furosemide
ネリック・ラシックスは、うっ血性心不全、肝疾患や腎疾患に伴う、高血圧や水貯留性(腫れ)の治療に使用されます。
類縁 Lasix:

Lasix 100mg

パッケージピルに付き価格保存ボーナスオーダー
100mg × 60 pills$0.74$44.69+ Cialis
100mg × 90 pills$0.62$55.77$11.26+ Levitra
100mg × 120 pills$0.56$66.85$22.52+ Viagra
100mg × 180 pills$0.49$89.02$45.05+ Cialis
100mg × 270 pills$0.45$122.27$78.83+ Levitra
100mg × 360 pills$0.43$155.51$112.61+ Viagra

Lasix 40mg

パッケージピルに付き価格保存ボーナスオーダー
40mg × 90 pills$0.48$43.49+ Cialis
40mg × 180 pills$0.35$62.62$24.35+ Levitra
40mg × 270 pills$0.3$81.76$48.71+ Viagra
40mg × 360 pills$0.28$100.89$73.06+ Cialis
  • フロセミド錠

    この薬は何ですか?

    フロセミドは利尿剤です。 より多くの尿を作り、身体の塩分や余分な水分を減らすのに役立ちます。 この薬は、高血圧、心臓病や腎臓病、または肝臓病の浮腫や腫れの治療に使用されます。

    この薬を服用する前に、医療提供者に何を伝えなければならないですか?

    医療提供者は、あなたがこれらの症状のいずれかであるかを知る必要があります。

    • 異常な血中電解質
    • 下痢や嘔吐
    • 痛風
    • 心臓病
    • 腎臓病、尿量が少ない、または排尿困難
    • 肝臓の病気
    • フロセミド、サルファ剤、他の医薬品、食品、染料、または防腐剤への異常反応やアレルギー反応
    • 妊娠中または妊娠しようとしている
    • 授乳

    この薬の服用方法は?

    コップ一杯の水で、この薬を飲む。 食事の有無にかかわらず、この薬を服用できます。 胃が不調になる場合は、食事や牛乳で服用して下さい。 指示よりも多い頻度で薬を服用しないで下さい。 この薬を服用した後、より頻繁に尿が出ることを忘れないで下さい。 1日の内で、問題になる時間には、この薬を服用しないで下さい。 就寝時に服用しないで下さい。

    この薬の子供への使用に関して、小児科医に相談して下さい。 この薬剤が選択された症状で処方される場合がありますが、予防措置が適応されます。

    過量投与: あまりにも、この薬を多く服用したと思ったら、すぐに中毒事故管理センターまたは救急治療室に連絡して下さい。

    注記: この薬は、あなた専用です。 他の人と、この薬を共用しないで下さい。

    服用を忘れた場合はどうなりますか?

    もし服用を忘れた場合、できるだけ早く、その分を服用して下さい。 ほぼ次の服用の時間である場合、次の分のみを服用して下さい。 2倍または余分な量を服用しないで下さい。

    この薬と相互作用するものは何ですか?

    • 注射によって与えられる、特定の抗生物質
    • 利尿薬
    • ジゴキシン、ドフェチリド、またはニトログリセリンなどの心臓の薬
    • リチウム
    • 糖尿病用薬
    • 高血圧の薬
    • コレスチラミン、フィブラート、またはコレスチポールなどの高コレステロール薬
    • 手術の為の筋肉緩和薬
    • 非ステロイド性抗炎症薬、イブプロフェンのような痛みや炎症のための医薬品、ナプロキセン、またはインドメタシン
    • フェニトイン
    • プレドニゾンやコルチゾンなどのステロイド薬
    • スクラルファート

    このリストは、すべての可能な相互作用を記載していない場合があります。 すべての医薬品、ハーブ、非処方薬、または使用する栄養補助食品のリストを、医療サービス提供者に渡して下さい。 喫煙、飲酒、または違法薬物を使用したかどうかも、医療サービス提供者に伝えて下さい。 この薬と相互作用を起こす可能性のあるものもあります。

    この薬の服用中は、何に注意すれば良いですか?

    進行状況の定期検査のため、医師や医療専門家に診てもらって下さい。 定期的に血圧をチェックして下さい。 あなたの血圧のあるべき状態、及びいつ医師に相談すべきかを、医師や医療専門家にご相談下さい。 あなたが糖尿病であれば、指示された通りに、血糖値をチェックして下さい。

    この薬の服用中は、特別な食事が必要な場合があります。 医師に確認して下さい。 また、どのくらいの水分を摂取する必要があるかも相談して下さい。 脱水症状になってはいけません。

    眠気や立ちくらみがする場合があります。 この薬で、どのような影響が起こるかが分かるまで、運転や機械の使用、あるいは精神的敏捷性を必要とすることは、何もしないで下さい。 特に高齢患者であれば、すぐに立ち上がったり、すぐに座ってはいけません。 めまいや失神の発作のリスクを低減します。 アルコールで、より多くの眠気やめまいを生じます。 アルコール飲料は避けて下さい。

    この薬は、日光に、より敏感にさせます。 日光を避ける。 日光を避けられない場合は、防護服の着用及び日焼け止めを使用して下さい。 太陽灯や日焼けベッド/ブースを使用しないで下さい。

    この薬の副作用で注意することは何ですか?

    できるだけ早く医師または医療専門家に相談すべき副作用:

    • 尿や便中の血液
    • 口渇
    • 発熱や悪寒
    • 難聴や耳鳴り
    • 不整脈
    • 筋肉痛や脱力感、けいれん
    • 皮膚発疹
    • 胃の不調、痛み、または吐き気
    • 手や足のうずきやしびれ
    • 異常に脆弱または異常に疲れる
    • 嘔吐や下痢
    • 目や皮膚が黄色くなる

    通常は医師の診察を必要としない副作用(症状が続く、または煩わしい場合は、医師または医療専門家へご相談下さい):

    • 頭痛
    • 食欲不振
    • 異常出血やあざ

    このリストは、すべての可能な副作用を記載していない場合があります。

    どこに薬を保管する必要がありますか?

    子供の手の届かないところに保管して下さい。

    摂氏15と30℃(華氏59〜86度)の間の室温で保管して下さい。 日光から保護する。 有効期限を過ぎた未使用薬は捨てて下さい。

  • Do NOT use Lasix if:

    • you are allergic to any ingredient in Lasix
    • you are unable to urinate
    • you are taking ethacrynic acid.

    Contact your doctor or health care provider right away if any of these apply to you.

    Some medical conditions may interact with Lasix. Tell your doctor or pharmacist if you have any medical conditions, especially if any of the following apply to you:

    • if you are pregnant, planning to become pregnant, or are breast-feeding
    • if you are taking any prescription or nonprescription medicine, herbal preparation, or dietary supplement
    • if you have allergies to medicines, foods, or other substances
    • if you have fluid in your abdomen (ascites), hearing problems, liver disease, diabetes, low urine output, kidney problems, lupus, gout, abnormal blood electrolyte levels, high blood uric acid levels, or the blood disease porphyria
    • if you have had a heart attack, are dehydrated, or are on a low-salt diet.

    Some medicines may interact with Lasix. Tell your health care provider if you are taking any other medicines, especially any of the following:

    • Corticosteroids (eg, prednisone) or corticotropin (ACTH) because the risk of low blood potassium levels may be increased
    • Barbiturates (eg, phenobarbital) or narcotics (eg, codeine) because the risk of dizziness upon standing may be increased
    • Aminoglycosides (eg, gentamicin), amphotericin B, angiotensin-converting enzyme (ACE) inhibitors (eg, captopril), cyclosporine, ethacrynic acid, tacrolimus, or vancomycin because serious side effects to the kidneys (decreased ability to urinate) or ears (hearing loss) may occur
    • Chloral hydrate because side effects, such as excessive sweating, rapid heartbeat, and changes in blood pressure, may occur
    • Nonsteroidal anti-inflammatory drugs (NSAIDs) (eg, ibuprofen, indomethacin) because they may decrease Lasix's effectiveness
    • Digoxin, lithium, medicines for high blood pressure, salicylates (eg, aspirin), or succinylcholine because the risk of their side effects may be increased by Lasix
    • Norepinephrine or tubocurarine because their effectiveness may be decreased by Lasix.

    This may not be a complete list of all interactions that may occur. Ask your health care provider if Lasix may interact with other medicines that you take. Check with your health care provider before you start, stop, or change the dose of any medicine.

    Important safety information:

    • Lasix may cause dizziness or blurred vision. These effects may be worse if you take it with alcohol or certain medicines. Use Lasix with caution. Do not drive or perform other possible unsafe tasks until you know how you react to it.
    • Lasix may cause dizziness, lightheadedness, or fainting; alcohol, hot weather, exercise, or fever may increase these effects. To prevent them, sit up or stand slowly, especially in the morning. Sit or lie down at the first sign of any of these effects.
    • Diabetes patients - Lasix may affect your blood sugar. Check blood sugar levels closely. Ask your doctor before you change the dose of your diabetes medicine.
    • Tell your doctor or dentist that you take Lasix before you receive any medical or dental care, emergency care, or surgery.
    • Your doctor may also prescribe a potassium supplement while you take Lasix. Check with your doctor before you use a salt substitute or other product that has potassium in it.
    • Lasix is a strong diuretic. Using too much of this drug can lead to serious water and mineral loss. Therefore, it is important that you be monitored by your doctor. Promptly notify your doctor if you become very thirsty, have a dry mouth, become confused, or develop muscle cramps/weakness.
    • Patients who take medicine for high blood pressure often feel tired or run down for a few weeks after starting treatment. Be sure to take your medicine even if you may not feel "normal." Tell your doctor if you develop any new symptoms.
    • If you have high blood pressure, do not use nonprescription products that contain stimulants. These products may include diet pills or cold medicines. Contact your doctor if you have any questions or concerns.
    • Lasix may cause you to become sunburned more easily. Avoid the sun, sunlamps, or tanning booths until you know how you react to Lasix. Use a sunscreen or wear protective clothing if you must be outside for more than a short time.
    • Lab tests, including blood pressure and complete blood counts, may be performed while you use Lasix. These tests may be used to monitor your condition or check for side effects. Be sure to keep all doctor and lab appointments.
    • Use Lasix with caution in the elderly; they may be more sensitive to its effects, especially dehydration.
    • Caution is advised when using Lasix in children; they may be more sensitive to its effects.
    • Pregnancy and breast-feeding: If you become pregnant, contact your doctor. You will need to discuss the benefits and risks of using Lasix while you are pregnant. Lasix is found in breast milk. If you are or will be breast-feeding while you use Lasix, check with your doctor. Discuss any possible risks to your baby.
  • All medicines may cause side effects, but many people have no, or minor, side effects.

    Check with your doctor if any of these most common side effects persist or become bothersome:

    Dizziness; lightheadedness; sensitivity to sunlight.

    Seek medical attention right away if any of these severe side effects occur:

    Severe allergic reactions (rash; hives; itching; difficulty breathing; tightness in the chest; swelling of the mouth, face, lips, or tongue); calf pain or tenderness; confusion; dark urine; decreased or persistent increased urination; drowsiness; dry mouth; fast or irregular heartbeat; fever, chills, or sore throat; hearing decrease or loss; muscle pain/cramps/weakness; restlessness; ringing in the ears; severe or persistent nausea, vomiting, or dizziness; shortness of breath; sluggishness; stomach pain; unusual bleeding or bruising; unusual thirst or hunger; unusual tiredness or weakness; vein inflammation; yellow vision; yellowing of the skin or eyes.

    This is not a complete list of all side effects that may occur. If you have questions about side effects, contact your health care provider.